2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月29日 (月)

こんなものができましたーー!!

この度、夏毛の鹿の子(かのこ)模様と呼ばれる鹿皮を鞣してもらいました。

ミョウバン鞣しと呼ばれる方法で、3枚ほど知人のUさんに制作してもらいました。

P1050057多少は、穴・傷などがありますがまずまずの出来です。

革は、整形してありませんので自分でカットしてご使用ください。

玄関マット・壁掛・敷物・・等にご利用ください。

鹿革は、近くの道の駅にて格安に販売する予定です。

興味がありましたら、道の駅(蔦木宿)を覗いて見てください。

2015年6月 3日 (水)

ハチ入ったどーー!!

 本年も、日本ミツバチがトラップに入りました。3月の中ごろから箱を作り4月の中ごろより箱を実績のある場所に仕掛けました。・・・・あとは入るのを待つだけです。

毎年、5月連休前後に蜂たちが分蜂(ブンポウ・・巣別れ)するので前もって4月なかばごろ山に置きました。箱は全部で21個仕掛けました。連休も終わり5月も半ばになったのでさっつそく点検です。確認したところ6個は入ったようでハチたちが出はいりしています。

もう1個は、偵察ハチが巣箱をうかがっているようです(もうじきすると入りそうです)。他の箱は、ハチの気配がないようなので過去の実績の場所に移動しました。

P1050006箱を見てハチたちが、巣箱に花粉を運び込むようになれば回収できます。ハチの出はいりを見ていると時たま花粉を足につけたハチが飛び込みます。

とりあえず2群回収してみました。翌日庭に置いた巣を見ると、1群の箱が朝方いたハチたちが出はいりしません・・??・・・・巣を開けてみるとなんと巣が脱落してハチたちに逃げらてしまいました。・・・どうも持ってくる途中に巣が衝撃で壊れてしまったようです。

友達に話したところさかさまにして持ってくればよいーー・・・・たしかに!!。

とゆうことで昨晩残りの巣を、すべてさかさまにして持ち帰りました。大正解です!!。今回は、脱落がないようですが・・・・・・今朝方より昼ころまで、雨が激しく降りました・・・・。

昨晩我が家のキーウイ畑の中に巣を置きましたが、屋根板の上に石を置いたのは1箱だけで後は木に括り付けただけです。雨が止んだので見行くと1箱の巣が出はいりがありません!!。早速巣箱を開けてみると巣だけでハチたちはどこかに逃走してしまいました!!。

P1050014


これがそれです!!。巣には、集めたばかりの透明の蜜(アカシヤだと思われる)があるだけでした・・・・残念!!!。おそらく、木の下に置いたところ雨水の落ちる音が嫌で逃げてしまったのではないかと思われます。手抜きをして屋根に石や枯葉を置かなかったのが原因かもしれません。神経質な日本ミツバチの、飼育の難しさがよくわかりました。

P1050016仕方がないので、巣を切り取り早速山の恵みをいただくことにしました。

巣の中は、ご覧のとうり透明なアカシヤの蜜と思われる透明な蜜が入っております。

・・・・・・うまそう!!!。

逃げたハチたちはどこかで巣を作ってうまくすれば来年箱に入るかもしれないーーーとゆうことで諦めることにしました。

4群は、友人宅に預かってもらい残りは自宅とキーウイ畑に置いて秋が来るのを待ちたいと思います。これらの蜂蜜は、蔦木の道の駅「蔦木宿」にてカット蜜として・匠亭ではドリンクとして販売いたします。

田舎ならでは、季節の楽しみの1コマでした。

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »